現在カコログ(04 &05) 閲覧停止中。


by KEITH-jap

カテゴリ:☆燃え上がれ!音楽魂( 20 )

リンガー・ハット。

さて。Fuji前にいろいろ予定があるのデ、パッキングして早々と東京に旅立たなくてはいけません。な ん も し と ら ん ヨ。朝までにヤんなキャダけど、Blogの更新とかしてルし(笑)。相変わらずダレが出るかも、よく知りません。KASABIANと、あとアタシのスキなバンドがいくつか出るッてコトは、大人の事情でアナウンス前に教えてもらってタンだけどサ。その後のコトはサッパリ。←ダメ人間。Gogol Bordello 出んダよネ?ソ レ は、気 が か りで ス。だって。彼らのステージはもちろん楽しみダけど、彼らの出演に付随するサプライズにだッて
ドキドキしてるワケでスよ。苗場組のリンガー(指輪オタ)としてはッ!



うっかりRED STAGEで、DJやってるかもしれないジャないか。
a0038003_2434051.jpg
WHITE STAGEに行ったら、横で見てるかもしれないジャないか。
a0038003_2384440.jpg
STONED CIRCLEで、一緒にジャムれるかもしれないジャないか。
a0038003_23155466.jpg
タナカクマキチでキノコ食べようと思ッたら、後ろに並んでるかもしれないジャないか。
a0038003_728953.jpg

 以上。リジィのFuji Rock 出没に、ちょッと期待を寄せてみる。

【ワケわかんないヒトへの説明】 彼のGFは、Gogol Bordelloのメンバーでス。しかも。GBの登場するフェスは、リジィもほぼ参加しているという事実。くわえて。自らレーベルを持っているほどの音楽マニアであり、且つ Festival Junkie の名を欲しいママにする男。そんなイライジャ・ウッドなので、今年の苗場にいてもナンら不思議はないのデあった。

リジィのフェス・ファッション()[左]2007年のBonnaroo[右]今年のCoachella
a0038003_235753.jpg
 やはり、いつでも鞄はナナメがけ。
わかりやすい。鞄をナナメがけにしていて、陶器のような美しい肌をもつ、ショートサイズの白人男性。容疑者なんかになッた場合、かんたんに見つかッちゃうネ。スモーカーはチャンスでスよ。彼チェーンスモーカーなんデ、喫煙場所は目撃スポットと思われ。もし会ったら「ときどき鞄をかける方向を変えないと、肩がこッちゃうヨ」とダケ、伝えておいてください。
ウソ。ぜったい声かけんな。このアタシでさえ、プライヴェートダカラと遠慮するつもりなのにドコのドイツが声かけんダよッ。アラゴルンの幼名言えるヤツは、Eよ。声かけても。←オマエナニ様(笑)?つーか、すっかり忘れてタ。リジィ来るとか、ぜんぶアタシの妄想だシ。イ タ タ タ。あ。GB のEugene Hutz にインタビュー予定のライターさんへ注意がありマす。リジィとGucci (08 A/WのcollectionはEugeneがイメージ・ソース)のコトに関して質問されるの、彼うんざりしてるンで気をつけてください。あとマド(姐さんの初監督作品はEugeneが主役)に関してもヤみたいデす。音楽について聞いてあげてください。←ダカラナニ様(笑)?でもホントなんダよ。あとSergioに似てるけど、彼より足長いから!

 参考資料《ヒゲ長の系譜》クモ爺 = Eugene Hutz = Sergio Pizzorno = Pop Levi
a0038003_18174993.jpg





)SILENT BREEZEを散策する、リジィとサム。そこ。しつこいとか、言うナ。
a0038003_4415580.jpg
'The Hobbit'について書こうと思っタけど、長くなったのデまた今度。本当にリジィが来たら、オーリーに続いての旅の仲間 in 苗場になんダよね。そして来年あたりにViggoドーよ。

[PR]
by keith-jap | 2008-07-19 03:08 | ☆燃え上がれ!音楽魂

THE 親子鷹。

a0038003_1155975.jpg
昔から来ていただいてる方はご存知のとおり、ウチのママンはチョーSTINGファンでス。60年代。BEATLES&STONESきっかけデ、UK音楽にハマッたママン。その後POLICEの登場によって、彼女のハートはワシッとSTINGに持っていかれて現在に至りマす。よって。STING 来日にまつわる良席(5列め以内+できればSTINGの真ん前)ゲットは、毎回ワタシに課せられた命題なのデす。親孝行したいジャン。これぐらい。おかげサマで、今回もブジすばらしい席を確保できましテ。ありがとう、POLICE ファンクラブ。ママンしあわせソーでしタ。メンバーの細かい表情も見てとれる距離でサ、意外にも(笑)STINGがとってもうれしソーだッタ!ソロとは顔つきが全然違ってニヤニヤしてて、びっくりしましタ。マジで。

あとは。やっぱ POLICEを、ナマで聴いているという有り難さ。スタートから、そんな気持ちでいっぱいデスよ。STING がひとり前出ちゃってる感も、まーーーーッたくなく。ドコまでもバンド。あくまでも THE POLICE。再結成ってマイナスのベクトルが働きがちデスが、ソンなん知ったこッちゃネーし。つーか。Copeland 先生、カッコよス!彼の音ッて、断然 LIVEなんデスね。むしろLIVEでないとダメなんジャない…。23日に東京のショーをWOWOWでON AIRするんデスが、ちょっとでもあのハッピーなヴァイブが伝わってたらEなと思うのでしタ。Andyのギターは、冷静に聴くとドンなんダッたか気になるワ(笑)。

さて。opening actをつとめたFiction Planeも、とてもとてもたのしみダッたワケでスが。
パーパに声、似すぎダよ。音源よりはるかに、ナマの方が似てマす。特に高音。
a0038003_11242769.jpg
  写真うつりが悪いらしく、間近で見る方がカッコE Joe Sumner(STING長男)。
“He’s not a kid,” Sting said later, backstage. “He’s spent a lot of time trying to find his father.” (Sting always had Police business.) “But the best way to find your father is to do what he does. He has all the aspects of my DNA, and it’s kind of an out-of-body experience watching him. At the same time, there’s more.”
a0038003_1343574.jpg
ドーしてもパーパの名前がついてまわるダローけど、そのウチ立場逆になるかもしんないシ。バンドの演奏もしっかりしてるんデ、地道にがんばってもらいたいデす。の顔もヘンに写ってるケド、Evan Lysacekに似てるのは確か。STINGの方は、3年前に英国大使館でミーグリした時とあんま印象変わりませんでしタ。naked YOGA おそるべし。

[PR]
by keith-jap | 2008-02-14 19:48 | ☆燃え上がれ!音楽魂

Battles were awesome :)

さぼりグセを治すには、ドーすればよいのか。こんばんは。窓辺の鬼百合KEITHでス。さて。BBCの秋の感謝祭『Electric Proms』(10/24〜28)が、今年もスタートしましタ。ナンと今回はBattlesも出てマス。ムキョー。BBCに感謝。なぜなら相変わらずLive映像を、惜しみなく提供してくれてるから。47分間 full setデよ!ただし11/4までの期間限定。ご注意を。
★Battles live @ Koko★(24 October) → コチラからドーぞ。
a0038003_3245044.jpg
Reportが載ってて、ジョンのあのシンバルを"like a bashful sunflower."言ってるのが、イヤに気に入りましタ(笑)。かわE。あと。Sigur Rosの映像もスデに公開されてまス。Editorsや、兄やんがゲスト(‘In The Rain’)で登場したThe Coralも。ちなみに兄やんは連日連夜ベイビーに振り回されていてお疲れ気味のため、リハ不足だったモヨー(笑)。Mark Ronsonのshowでは、Sean(NOT豆)がBeach Boysの‘Sail on Sailor’を演ッたらしいし。見たい。今日にはPaul McCartney, The Enemy, Hadouken!, The Chemical兄弟, Justice…。だ-か-ら-、追いつけないッて。バンドによっては、公開10月中だったりするのヨ。そんな時間ねーッつーの。バカー。嘘。BBCはバカじゃない。BBCをバカって言ったヤツがバカ。つまりアタシ。


で。サボってた間にカーロフのnew projectのデビューLiveがあったハズですが、実はありませんでしタ。事前にちゃんと「たぶん演んナイよ」と教えていただいていたのデスが、私が対応しきれませんでしタ。←やっぱバカ。なのでお詫びに、クリーンになったピーのすてきな写真を載せときマス。あー。ピーがんばれ。そして日本にそろそろ来ナよ。
a0038003_2348141.jpg
a0038003_23592775.jpg

                さらにオマケ
a0038003_4554715.jpg
指輪を捨てる旅の途中、Mark Ronsonのshowにゲスト出演した庭師のサム KaiserのRicky。

[PR]
by keith-jap | 2007-10-26 03:21 | ☆燃え上がれ!音楽魂
未だ苗場に到着しておりません。常連さんはウスウス感じているのではナイだローか。こいつ、レポ挫折するナと。でも。「続きがあるコトを祈ってる」とメルもらったり、Tさんが「たのしみ」と書き込んでくださったり。社交辞令かもしんナイけどモ、応援されたと解釈したのでがんばりマス。つーか。応援されナイとレポも書けないって、いったい。←バカ。

さて。友達の家で出演者をチェックするも、頭に入らズ。寝てないシ。とりあえず3日間で、ワタシはジョン鳩さえ見れたらEんダ。ジョン鳩。ジョン鳩。と無意味にアピール。ワタシのアピールは常に自分へのアピールなので、慣れてるヒトは耳に入れない。でもナンとなく、「ああ。ジョン鳩の時は消えるの(最前)ネ」と頭に入れてくれる。みんな、バカにはやさしい。去年FUJIの3日間で1度しかトイレに行かなかったワタシは、本当にバカだと思われている。膀胱さえも音楽優先だと。今年greenでAさんに、「****(本名)から、音楽をとりあげたくナイ」と言われた。ナニ気ないひと言だったケド、うれしかった。でも根本に“トイレに1回しか行かないぐらい、音楽に夢中なpoor girl”の印象があるからダと思う。そこのヒト。girlはスルーでEから。ソレぐらい異常なコトみたい。1回しか行かないのッて。確かにアレだけ飲んで食べて、まったくトイレ行かないのって気味が悪いかもしれナイが(笑)。捜せばサ。3日間1度も行かなかったヒトって、たくさんいると思うケドね。ワタシも別にムリしてたワケじゃないシ。尿管と汗腺は、つながってないんダッテ。ただワタシの場合は、つながってんジャないダローか。それかジョンに会うから、去年は膀胱がナーバスになってたのカも。だって今年はフツーに行ってたヨ。何回も。つーか。膀胱の話しはいらないヨね(笑)。

でッ!苗場にネ。行きマスよ。22:00過ぎに東京出発。ワタシは運転しナイので、背後から運転手をサポート。寝ないで応援。車内でCUREをかけて、大いに盛り上がル。ジャストの世代ではナイものの、やはりロバスミは伝説のヒト。CUREはレジェンド。最近の彼がどんな具合か事前情報まーッたく入れてナイので、よけいに期待がふくらム。声出なかったらドーする?とか。ハゲてる?とか。ノーメイクだったらわかんネーとか。やたらCUREでアガる。たぶん2:00頃、Aさんの別荘に到着。部屋に入るなり、ひんやりとした樹の香りに包まれる。相変わらず、すばらしい場所ダ。パパッと掃除機をかけて、おフロ入って就寝。あすはやはり、BLONDE REDHEADでスタート。FUJI期間中9:00頃には起床するんダけど、いつも会場には12:00ぐらいにしか行かナイ。なぜなら、この別荘の居心地がおそろしく良いからである。アレよ。ボードウォークのド真ん中に、ウッドハウスが建ってる感じ。涼しい風と深く濃い緑。静寂に響く山鳥の声。そーそー出発なんて、デキやしない。去年のWOLFMOTHERみたいにドーしても朝イチで行きたいヤツがある場合は、先に車で送ってもらえるんデス。ソウルメイトに。←luv 今年はソコまでのはナイから、みんなでのんびり。朝から納豆・ごはん・サラダ・お漬物と、まるで苗食。+ツレに「いらね」と言われながらもコッソリ買い物カゴにまぎれ込ませた永●園の麻婆春雨が、バカうまダッタ。たまに食べると、美味しいデスよネ。
a0038003_18445248.jpg
言うの忘れてたケド、ウチのレポッてLIVEレポよりクダらない話しの方が長いんデスよ。

[PR]
by keith-jap | 2007-08-07 18:39 | ☆燃え上がれ!音楽魂
さて。先週末はWight島で、フェスが開催されました。DAY2には、我らがKASABIANも登場。そしてmain headlinersは、UKのフェスへの参加がナンと30年ぶりとユーThe Rolling Stones!
a0038003_4491024.jpg
Mick大帝の気合いが伝わってきマス。つーか、喰われるゾ。Fratellisのベース(笑)。a0038003_17485224.jpgStonesと同じ日にステージに立ったThe Fratellisのベース
が、なかなかチャレンジングなTシャツを着用。あとMCでも、ナンか生意気なコト言ってたみたいデス。


SET LISTは→ ★Start Me Up★You Got Me Rocking★Rough Justice★Love In Vain(with Paolo Nutini) ★Can't You Hear Me Knocking★Ain't Too Proud To Beg(with Amy Winehouse) ★Tumbling Dice★Wanna Hold You★Slipping Away★Miss You★(I Can't Get No) Satisfaction★Honky Tonk Women★Sympathy For The Devil★Brown Sugar★Jumping Jack Flash

PaoloやAmyとの共演、めちゃくちゃ見たいんデスけど。特にPaoloはStonesのヨーロッパツアーのサポートをしていて、かなり気に入られてるみたいデス。ちょくでMickからお電話いただいたらしー。頭にカの付くバンドも2公演とはいえ、サポートしてたんデスけどネ。お電話なかったのかしら。ヤツらはStones見るために、3日目もちゃんと準備万端で会場入りしてたのに(笑)。
a0038003_4455271.jpg
The Rolling Stones live @ Isle of Wight 2007 "Start Me Up" Video【04:12】
コチラはyoutubeですが、Amy Winehouseと歌う
The Temptations' "Ain't Too Proud To Beg"

今回Stonesの出演のために、主催者は諸々苦労されたコトと思いマス。とりあえず、ホテルはぜんぶStones組がおさえたソーで。ほかのバンドは、特設テントに移されたらしーよ(笑)。なんかサー。プライヴェートのセキュリティー・チームを連れてくるマデはわかるんだケド、その他ナンだカンだで総勢200名。移動はフェリーを1隻チャーターとは、これ如何に。

一方、KASABIANは。いかついオッサンに追い立てられるヨーに、桟橋を渡っていきマス。
a0038003_15435416.jpg
FerryよりSpeedboatsの方が、かっこEジャン!
a0038003_4242589.jpg
総勢20人もいないので、彼らはSouthamptonからスピードボートで上陸。Sergioがランボーにしか見えないのは、きっと気のせいデス。彼の後ろにすわってる女性って「もしやGF?」と思ったんだケド、…なかなかファンキーよネ。ダレ(笑)?クリックで拡大しマス。

Wight島ではKASABIANのステージにもスぺシャルがあって、Tomはママンの51才のお誕生日をオーディエンスと祝ってあげたソーです。ステージ・サイドで見ていたママンは、とてもよろこんでいたらしい。ほんと親孝行ネ。親孝行。親孝行とはいえ、腹でスギ。
a0038003_20101484.jpg
     信楽焼のタヌキ(笠かぶって徳利と通帳もってるヤツ)かと思った。

スカーフが日本手拭いに見えたのは、Wight島マジックと思われ。アングルの問題であっ
a0038003_204317100.jpgて、決して本来ソコまで出てないってユー。そーであってほしいってユー。じゃないと、ノエルのGFより出ちゃってんジャンね(笑)。ところで。この日のトップスは、もしかしてママンにもらったヤツとかなのかしら?いくらナンでも、おトムさんが選んだとは思いたくないんデスけども。←ママンに失礼。
SET LISTは→ ★Shoot The Runner★Reason Is Treason★Sun/Rise/Light/Flies★Cutt Off★Me Plus One★Empire★ID★Processed Beats★Last Trip★The Doberman★Club Foot★Stuntman★LSF
↓↓↓↓↓↓一部、音源もアガってマス。
Kasabian live @ Isle of Wight 2007
"CUTT OFF" "LSF" "SHOOT THE RUNNER"
Audio【15:30】

おトムさんが、けっこーかっこEデスよ。
音だけなんで(笑)。
コッチはmovieでノッポとクリスのインタビュー。
Sergio & Chris Interview Video【04:40】
a0038003_1361084.jpg
あたらしいシングルが、年内に出る予定だソーデス。まったくの新曲だってヨ。

そんでもって、よけいなお話し。ウチのBBSで(約2名によって)にわかに囁かれている、Sienna "Bi*ch" Millerとノッポのロマンス。今回のフェスでナンとふたりは、一緒にいたモヨー!といっても、アレですヨ。単にStonesを見るため残ってたKASABIANとSiennaが、VIPテントで同席してたってだけナンだケドさ。も・し・や、芽生えたか?ただひとつ問題が。
a0038003_15442217.jpg
UKを代表するファッショニスタのSienna。この日のルックは、常人には理解しがたいレヴェルまで到達しちゃってましタ。コレをノッポがドー判断したのか(笑)。ファッションには、ちょっとうるさいSergioのコト。全然問題なく、むしろSo lovely!だったらEんデスけども。

[PR]
by KEITH-jap | 2007-06-14 13:06 | ☆燃え上がれ!音楽魂
a0038003_5493076.jpg

[PR]
by keith-jap | 2007-03-18 05:49 | ☆燃え上がれ!音楽魂
BRITSに白の大将(Sean)が出席したかと思えば、NMEの方にはシャイアのバギンスさんが!
a0038003_832496.jpg

中つ国だけでなく、ホグワーツからもゲストが来てましたネ。ビール飲めるんだ!a0038003_20293792.jpga0038003_4491735.jpg
メンドくさくて本編見てないんだケド、ポッター組はPresenter?リジィはGF(Gogl Bordelloのメンバー)がパーティーに出てたから、ついでに遊びにいらっしゃったモヨー。でサ。今回あらためて思ったんデスが、彼にとって鞄は絶対ナナメがけなんダネ。指輪の来日の時にはじめて見て、すごい新鮮だったんだケド(笑)。しかもワリといつもパンパンじゃネ?。
a0038003_5434215.jpga0038003_54499.jpga0038003_5462798.jpgたぶんナナメがけには、利点がイロイロあるんだと思いマス。たーとーえーばー。
車に乗ったら、あら不思議。カバンがひじ掛けに!コレで長時間の移動もラックラク。
a0038003_636130.jpg
彼氏と彼女っつーより、予備校生と過保護のママンみたい。仲よさソーで、ステキですが。
そんな2人のすばらしい写真を、今からご紹介。NMEのネタをしつこく引っぱってたのは、実はコレを見せたかっただけだったり。上がGF。下がリジィ。学校や職場、家庭で凹んだら、下の1枚をクリックしてみてください。ナンとなく元気が出るかもしれません。R15。
a0038003_8382737.jpg



ついでに。みんな大好きAndrew Kendall先生のPicture blogで、すてきなショットを発見。
a0038003_152125.jpg
a0038003_171368.jpgリアル・ケニーだよ!

どこのダレだか知らないが、すげーアガリました。遠く離れた日本からお礼を言っておきマス。ホテルでの一連の写真を見てると、パーティーの後のまったりタイムって、世界共通なんだナーと実感しマスね。気持ち良かったり、悪かったり。体が重かったり、眠かったり。酒と汗とタバコ とゴムとマリファナ の臭いとか。でもFujiでのNuuttiバカみたいなヒトはいないネ。全然関係ないケド、Andrew先生がケミカル・ウォッシュを履いていてナニゲにショックでした。←勝手に思い込んでたの。モード系のヒトだって。

GOSSIPのデブッチョ(誉め言葉)が、NME AwardsでのKasabianとKillersのパフォーマンスについて「クソおもしろくない」って言ってマス。←意訳。BobbyとJarvisは大好きらしい。
Beth Ditto said: "The Killers and Kasabian sounded exactly the same. They were boring."
"Bobby is lovely, a really sweet guy, and Jarvis is just awesome, so nice, an incredibly good person and so funny too.
"I would love to work with him again and to record with him."

気持は、わからないでもナイ(笑)。だってKasabianは、まだ剥けてないモノ。いろいろ。

[PR]
by keith-jap | 2007-03-07 07:20 | ☆燃え上がれ!音楽魂

First lineup announcement!

キター!!!! FujiでもEからとか言ってたら、本当にBlonde Redhead の出演決定!!すごいすごいすごい、うれしい。つーか、Simian Mobile DiscoとかJustice とかソートーじゃん。!!!とYola tengoも、ほぼ確定なんショ?今年のFujiは、ワタシの好みにかなり寄ってくれソーなのか。ソーなのか。だったら、ついでにAtaxiaもお願いしマス。
a0038003_1949562.jpg
などと、かなわぬ願いはおいといて。Devendra Banhartは?単独ツアーは、この先も望みウスだし(笑)。サマソニ決まった時、すごい変な感じしたんだモン。あのコたちはFujiデショ。
だってDeveは、世界イチ行水の似合う男ですヨ。彼はこの秋発売される、MADONNAのトリビュート・アルバムにも参加しておりまして。まったく両者が結びつかないダケに、ワタシにとっては期待の1枚デス。タイトルは『Through The Wilderness: A Tribute To Madonna』。本作には、Deveが見いだしたBat For Lashesのクレジットも。彼女ら大好きだから、来日待ってるんダケどー。ナンかFujiとか来ソーだよネ。Deveより、ソッチの方が確率高ソーな気も。a0038003_23171532.jpg

Bat For LashesのOfficialはコチラ。
マイスペはコチラ。
あとFRF07 First lineupは、コチラ。
カウンターがグルン×2まわってるのは、NME Awards?マサカマタドッカニハラレタンジャナイダローナ。

[PR]
by keith-jap | 2007-03-02 23:33 | ☆燃え上がれ!音楽魂

BRITSに、思わぬゲスト。

今日は更新する気なかったんデスが。がッ!BRITSのプレゼンターに、見覚えのある顔が…。
a0038003_17334596.jpg
         ♡♡ショーーーーーーーーーーーーン♡♡
a0038003_17335858.jpg
『TH LORD OF THE RINGS』公開時(の紳士は“旅の仲間のアイドル担当”ボロミア役でおなじみ、英国1のセクシー俳優 Mr.Sean Bean!)ならマダしも、ナンで今ごろ?と思ったら。なるほど。彼はBritish Album Awardのプレゼンター。つまりArctic Monkeysに授与する役目だったソーで。地元つながり。ソーいうコトか。し・か・し。Sheffieldの大先輩がワザワザ来てるってユーのに、当の本人たちはVTR出演。しかもコスプレ。しかもVillage People!
a0038003_18252457.jpg
a0038003_2262670.jpg元ネタThe Village Peopleの皆さん。
先に言っておきマスが、前列右端はRHCPのアンソニーではありません。Village Peopleといえば、" Y・M・C・A "。ガゼン見たくなりました(笑)。ところで。この日Arctic Monkeysは、BRITISH GROUP Awardも獲得。その際は『オズの魔法使い』で登場!いやにドロシーがかわいいのが、気になりマス(笑)。
a0038003_2253123.jpg
BRITS2007は、3月23日(金)深夜0:15からWOWOWでオン・エア予定。Running Order載せときマスので、録画の参考にしてください。放送日時は要確認。
------------------------------------------------------------
RUSSELL BRAND WELCOMES
PERFORMANCE: SCISSOR SISTERS - I DON'T FEEL LIKE DANCING
AWARD: BRITISH LIVE ACT, PRESENTED BY KEITH ALLEN
PERFORMANCE: SNOW PATROL - CHASING CARS
AWARD: BRITISH BREAKTHROUGH ACT, PRESENTED BY JARVIS COCKER
AWARD: INTERNATIONAL BREAKTHROUGH ACT, PRESENTED BY TONI COLLETTE
PERFORMANCE: AMY WINEHOUSE - REHAB
AWARD: BRITISH MALE SOLO ARTIST, PRESENTED BY JOSS STONE
AWARD: INTERNATIONAL MALE SOLO ARTIST, PRESENTED BY ERIN O'CONNER AND ROLAND MOURET
PERFORMANCE: THE KILLERS - "WHEN YOU WERE YOUNG"
AWARD: BRITISH FEMALE SOLO ARTIST, PRESENTED BY JO WHILEY
AWARD: INTERNATIONAL FEMALE SOLO ARTIST, PRESENTED BY RICKY WILSON
PERFORMANCE: TAKE THAT - "PATIENCE"
AWARD: BRITISH GROUP, PRESENTED BY ANTHONY HEAD
AWARD:INTERNATIONAL GROUP, PRESENTED BY SOPHIE ELLIS-BEXTOR AND STEVEN TYLER
PEFORMANCE: RED HOT CHILI PEPPERS -"DANI CALIFORNIA"
AWARD: INTERNATIONAL ALBUM, PRESENTED BY SIMON PEGG AND NICK FROST
PERFORMANCE: CORRINE BAILEY RAE - "PUT YOUR RECORDS ON"
AWARD: BRITISH SINGLE (VOTED LIVE ON AIR BY VIEWERS), PRESENTED BY ALLEN CARR
AWARD: MASTERCARD BRITISH ALBUM, PRESENTED BY SEAN BEAN
PEFORMANCE: OASIS - "CIGARETTES & ALCOHOL"/"MEANING OF SOUL"/"MORNING GLORY"/"DON'T LOOK BACK IN ANGER"/"ROCK AND ROLL STAR"
------------------------------------------------------------
無冠の帝王KASABIANは、我々を今回も裏切りませんでした。本人たちはナンだかんだ言いながらも、ほしいハズ。彼女と一緒に家でTV見ながら、Fワード連発してたんじゃ(笑)?

[PR]
by keith-jap | 2007-02-15 03:01 | ☆燃え上がれ!音楽魂

The Highline Festival。

TVでフェスを見てると、どこでもドアの必要性を切に感じる。そんなアナタへ。つーか、アタシ。来年もっとも行きたいフェスNo.1の‘The Highline Festival’が、ドーなってるのかサッパリわかりません。サイト見たんだケド、ナーンも出てない。日程はドーやら、5月9日〜19日みたいなんだケド、メンツとかチケットとかは?アレかしら。メンツはシークレットでGOしちゃうんダローか。もしくはBOWIE師匠のダイエットがダメっぽいんで、ドロンなんダローか。早くナンらかのNewsがほしいトコロ。詳細がわかったら本格的に決めるけど、スゲー行きたい。期待しスギかなー。この間、仕事先のヒトに「遊びスギ」って言われたわ。そーいえば。
a0038003_21451974.jpg

[PR]
by keith-jap | 2006-12-04 23:20 | ☆燃え上がれ!音楽魂