現在カコログ(04 &05) 閲覧停止中。


by KEITH-jap

KASABIAN 小ネタ集。

苗場日記をサッサカ書きたいのデスが、LP発売前とユーことでKASABIANの皆さん(つーか、TとS)がハリキッテます。Sergioは「モス先生はMAD」だの「アレックス(FRANZ)には情熱が感じられない」だの。ドーでもEよ、そんな話し。おトムさんも、いつぞやのカイザーとのゴシップにフォロー入れたりと大忙し。メディア露出にいそしむ御両人。イアンとクリスは元気なんでショーカ。とりあえずアタシの脳内整理のために、WIREするゼ。←ナンとか流行らせよーとしてる、言いまわし。カッコ悪すぎて、むしろステキな気さえ。

♡♡Secret show 4 MTV♡♡
まずは、きのう行われたMTVとモトローラ主催のショーについて。2nd.からは"Shoot The a0038003_221853100.jpgRunner" "Stuntman" "Empire" を演奏。おトムさんは白いシャツにネッカチーフを合わせ、まばゆいばかりに輝いていた
ソーです。←かなり都合よく意訳。この模様は、8/26の19:00からMTV UKでオンエア。dapperなトムを早く見たいワ(笑)。そのウチ日本でもやるデショー。先にYoutubeかもネ。
♡♡MTV SCREEN♡♡
MTVといえば、現在オンエア中の上記プログラムにチョコットだけ出てマス。かなーり前にココでも取り上げたブライアン・ジョーンズの映画紹介の中で、TとSがコメント。前回のプロモーション来日時の取材映像デス。おトムさんはFashion Rocks以来、あのチェックのシャツをソートー着倒してマスね。個人的には、“TOUCH WOOD”という言いまわし(魔よけのおまじないらしい)を初めて知りました。へー。あと、イアンにもしゃべらせろ。
【今後のオンエア予定】[土] 17:30 - 18:00 [土] 25:30 - 26:00 [日] 11:30 - 12:00
♡♡Kasabian get Stoned off ♡♡
そんでもってSTONESといえば!いよいよ間近にせまってきた、KASABIANによるサポート・アクト。そんな中、『Daily Mirror』誌に爆笑ネタがアガッテいマス。ドーやら彼らはSTONESのステージを観るのに、お金(各自£150)を要求されたらしーヨ。おトムさんの怒りのコメントは、コチラ(抜粋)。さすがに彼もミックやキースを敵には回したくないらしく、どこぞのアメリカ人(笑)へ批難を寄せてますケドも。このネタ、本当なんダローか。別の記事ではSTONESのサポートをするコトに関して、"It is a f***ing absolute honour you know, they're gods, ain't they?とか、"I mean Mick Jagger, Richards, it's just yeah... S**t like that blows your mind again, you know.とか、"It just happens so fast sometimes that I just don't know how to take it, but it's a wonderful thing, man.とか言ってマス。←我ながら、すごい抜き方だ。実はおトムさんとSergioのまだ読んでないインタビューがあって、ソチラには『Beggars Banquet』や『Let It Bleed』の名前が…。時間ができたら取り上げたいデス。

♡♡Ambitious boys♡♡
BARKSにもすでに掲載されてましたが、Sergioがまた自分でハードルあげちゃってマスね。
"I`m not going to hide the fact that I think it`s absolutely f***ing amazing."とか、スゴクない?a0038003_132394.jpgもしかしてこの人、バカなんじゃ?いやいやいやいや。コレぐらいの自信がないと、世に出しちゃダメだよネ。なんせメンバー1人やめさせてまで、作ったんだから。ちなみにこの発言は、『Uncut』のインタビュー記事から。同じく現在UKで発売中なのは『BIG ISSUE』!
この雑誌のカバーって、けっこースゴイことなんじゃ。さすがに日本版ではムリだけどサー。…いま突然カーロフの不在を実感しちゃった。このカバー見て。←遅スギ。Sergioが1stを完全否定するみたいな発言するからダヨ!バーカ。バーカ。でも負けじとおトムさんも言っちゃてるし。"The first album was grittier and this(2nd) is more soulful and thoughtful.The craftsmanship is better on this record. 『The Daily Record』のおトムさんへのインタビューなんだケド、なかなかおもしろいので読んでください。リッキーとの不仲報道についても出てくるし、2ndへの自画自賛、彼(KASABIAN)の来年の野望についても書いてありマス。US進出は命題なんダネ。

♡♡Don`t be too nosy♡♡
さて。で出てきたSergioのインタビューに、「スタジオに来たノエル兄やんも驚いちゃってタヨ」みたいな表現がありました。「だからナンなのさ」とツッコミたいところですが、きっとSergioは聞いちゃいない(笑)。12日にあるIbiza Rocksへの参加も、これまたノエル兄やんの助言あってのコトらしいデス。ちょっと笑えるエピソード。Sergioと兄やんの今後の距離感に注目デス。いったい全体、兄やんはナンでこんなにもKASABIANにご執心なのか?永遠の謎だ。やだナー。チーム・ノエルとか呼ばれてたら。

♡♡It is sweet and honorable to die for the fatherland♡♡
a0038003_127830.jpg
苗場へ発つ前、ギリギリで見た『Empire』のMV。リリックをがんばって聴きとろーなんてモートー思いませんが、ラストのラテン語のメッセージは気になった。で、調べた。"Dulce et decorum est pro patria mori." 訳すと“祖国のために死ねるコトは、甘美で名誉あるコトである”だって!こわいワー。でも本気でソー思って死んでいってるヒトたちが、現にいるのだし。個人的にMV自体は、演出過多でスキじゃないデス。

[PR]
by keith-jap | 2006-08-04 23:58 | ☆KASABIAN